無線LANと有線LAN、どちらにするか迷っていませんか?

有線LANと無線LANの特徴と使い分け方

  • 無線LANと有線LAN

    まずは無線LANのメリットとデメリットです。 日頃スマホを使っている方は、そもそもスマホを無線のネットワークで繋がっているのでイメージがし易いと思います。 ただ、自宅でネットワークを構築する際には、無線LANのデメリットも理解しておいた方が良いでしょう。

  • 有線LANのメリットとデメリット

    有線LANは配線がぐちゃぐちゃしていて、敬遠されがちです。 特に自宅で毎日使うなら、無線LANにしたいですよね。 ただ、有線LANには有線LANなりのメリットもあります。 無線LANか有線LAN、どちらを選ぶか検討する際には、ぜひ有線LANのメリットも押さえておきたいところです。

  • 結局、どっちを選べばいいの?

    これまで無線LANと有線LANのメリットとデメリットを見てきました。 メリットとデメリットと言っても、相対的なものなのでいざ決めるとなるとますます迷ってしまいそうですね。 そこで、どっちを選ぶべきか決める際の基準を幾つか挙げておきたいと思います。

無線LANのメリットとデメリット

無線LANと有線LAN、どちらもLANとついていますが、LANとはコンピューターを他のコンピューターをはじめとする機器に接続するネットワークのことです。
ネットワークに繋がってるから検索したり、メールを受け取ったりできるんですね。
かつては有線でPCをネットワークに繋いていましたが、いつの間にか急速に無線LANが普及してきました。
無線LANで接続できるから、カフェや新幹線でPC仕事をするビジネスマンも多いですよね。
有線LANだと、接続口が無いとネットに繋げないのですが、無線LANなら中継機器があれば近くのエリアの人はネットに接続が可能になるのですね。
しかし、依然としてオフィスなんかでは有線LANを利用しているところも少なくないです。
会社やご家庭でPCを使ったことがある方なら分かると思いますが、PCがケーブルに繋がれていると色々と不便です。
姿勢を崩してPCを操作しようとすると、ケーブルの長さが足りなかったり。
ソファーに寝っ転がったりするのも無理。
会議室にPCを持って行ってもいちいちLANケーブルを接続して、設定する必要があったりします。
筆者が何より不便だなと思うのは、机や会社のデスクの上の掃除をしにくいことです。
いちいちケーブルの下は掃除しにくいし、埃も溜まりやすいです。
それでも依然として有線LANがオフィスで主流なのは、やはり有線LANには一定のメリットがあるからですね。
今回は有線LANと無線LANそれぞれの特徴と、使い分け方について見ていきたいと思います。