無線LANと有線LAN、どちらにするか迷っていませんか?

無線LANと有線LAN

無線LANのメリット

まず第一に皆さんが思い浮かべるであろう事は、場所を選ばないことですよね。
接続機器を通して、電波でネットワークに繋がるので、電波が届く範囲内であれば、インターネットの利用が可能です。
たとえば、会社なら自分のデスクから会議室、自宅なら自室からリビングへ、LANケーブルを気にせずに済みます。
また、プリンターやステレオなどのオーディオ機器も、機器側が対応していれば、本棚の上など自由に設置できます。
配線が無いので、埃も溜まらず、部屋のインテリアに響きません。
日頃使っているスマートフォンはそもそも無線LANで繋ぐことを前提にしていますが、自宅で無線LANを設定すれば、そのネットワークを使えるので、速度制限等を気にしなくても良くなります。

無線LANのデメリット

データを電波に変換し、再度データに戻すという作業をPCでするため、有線に比べて技術的に制約が出てきます。
一番ネックになるのが、速度の遅さです。
技術の向上により徐々にスピートは上がってきています。
しかし、まだまだ有線LANにはかなわないようです。
また、電波を使うという特性上、接続の安定性にも問題が生じやすいです。
建物が鉄筋構造であったり、近所が背の高いビルが多いなどの環境では、電波が上手く届かなかったり、速度がかなり遅い場合があります。
更に、電波なので付近に居るだれでもアクセス出来てしまう可能性があります。
データを電波に変換する際に、暗号化されているものの、場合によっては暗号が破られてしまう可能性があります。
有線LANでももちろん、外部からネットワークに侵入される可能性はありますが、無線LANの方が一般的にリスクが高いのです。


Shear!

B!