無線LANと有線LAN、どちらにするか迷っていませんか?

結局、どっちを選べばいいの?

有線LANは安心・安全、無線LANは便利

これまで、無線LANと有線LANの特徴について見てみましたが、いかがでしたでしょうか?
何となく、無線LANの方が毎日使うのには便利そう、でも有線LANも安心・安全という点からすると捨てがたい、といったところでしょうか?
有線LANのメリットは、通信速度が速くて安定していること、セキュリティー面で安心できることが一番のメリットです。
また、初期費用も比較的安くて済みます。
一方、無線LANのメリットは、スマホやタブレットを接続できる、複数の部屋で気軽に使える、といった点です。
もちろん、日々技術は進化していますから、有線LANのメリット、つまり無線LANのデメリットも相対的なものになっていくでしょう。
ただ、無線LANにおけるセキュリティーの脆弱性については度々問題となっていますので、どの通信方式を使うのかも含め導入前にはきちんとリスクを認識しておくのが良いでしょう。

結局、どっちを選べばいいの?

選ぶ際に基準となるのは、ネットワークに接続する目的、場所、機器でしょう。
ビジネスで使う場合には、やはりセキュリティーや通信速度が重要になってきます。
そうすると、有線LANを選ぶことになります。
動画やゲームをする場合でも、意外と通信量が少ない場合もあるので、その場合は無線LANで事足ります。
事前に実際の通信量をチェックしておくと賢い選択ができそうです。
場所も、一つの場所で作業することの多いオフィスやワンルーム、ネットを使う部屋が限られている場合であれば、敢えて無線LANを選ぶ必要性は低くなります。
場所が電波の届きにくい場所であれば、必然的に有線LANを選ばざるを得ないでしょう。
また、ノートパソコンでなく、デスクトップパソコンを使うためであれば、有線LANで問題なさそうです。
ノートパソコンで、そもそもLANポートが無かったりすると、無線LAN一択になります。


Shear!

B!